ブログリンク|かんたん操作!かんたんデザイン!もちろん無料!沖縄から全国へ発信|ネットリンク株式会社  [PR] こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
コトラん家へようこそ!

コトラの日ごろの活動やつぶやきを紹介していくね〜(^^)
プロとアマ
2012/06/13 23:47:51 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 勉強中〜


プロになれるよう努力しようっと。

facebookでシェアされていたのでこちらにも載せてみた(^-^)



コメント(0)
トラックバック(0)

今日のお散歩
2011/02/19 00:22:12 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 勉強中〜
残波岬に行ったよ〜



大きいシーサーも見たよ


コメント(0)
トラックバック(0)

ポジティブとネガティブ
2010/09/22 00:45:40 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 勉強中〜
いろいろ調べてたら面白い動画を発見。



ポジティブ
http://www.youtube.com/watch?v=Az4HGBfD0w4&feature=related



http://www.youtube.com/watch?v=owo7OofaRB0&feature=related


http://www.youtube.com/watch?v=dYOkST_iFkE&feature=related















ネガティブ・・・・
http://www.youtube.com/watch?v=tqRGkucgclw&feature=fvw





今日もポジティブシンキングで行こう!(^O^)



コメント(0)
トラックバック(0)

ムンプス
2009/09/01 13:37:06 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 勉強中〜
はい、おたふく風邪です。

朝から不調を訴える長男の顔を見たらちょい腫れが見えたので病院に行ったら
おたふく風邪と診断され、今週は外にでられなくなりました〜(^。^;)

お休みがお休みでなくなるよ〜。

家の中でできることを探してやっちゃおうっと。








おたふくかぜ(=流行性耳下腺炎)は、ムンプスウイルスに感染することで発症します。ムンプスウイルスに感染し、症状があらわれるまでの期間は約2〜3週間です。感染力が比較的弱いため、感染しても症状がでない場合もあります。これを不顕性感染とよび、感染者の約2〜3割にみられます。とくに1歳以下の乳児では、不顕性感染が多いといわれています。感染する年齢では、1〜2歳の乳幼児には少なく、3〜10歳の小児にもっとも多くみられます。ムンプスウイルスは、くしゃみや咳などでウイルスが飛び散る飛沫感染(空気感染)、接触感染でうつるため、保育園、幼稚園、小学校など、子どもがたくさんいる場所で流行する傾向があります。




おたふくかぜの特徴は、耳下腺部(耳の下、頬の後ろ側、あごの下)の腫れです。一般的には片側からはじまり、1〜2日間で両側が腫れてきます。片側しか腫れない場合もあります。最初の1〜3日間は、腫れている耳下腺部が痛みます。腫れと痛みがひどい場合は、食べ物をかめない、飲み込めないなどの症状があらわれます。耳下腺部の腫れは1週間〜10日間でおさまります。また多くの場合、発熱もみられます。発熱による頭痛、腹痛などがあらわれる場合もあります。




ムンプスウイルスに感染すると、からだの中に抗体ができるため、その後はおたふくかぜを発症することはありません。つまりおたふくかぜは、一度かかればその後はかからないということです。しかし、おたふくかぜと同じように、感染することで耳下腺部が腫れるウイルス(コクサッキーウイルス、サイトメガロウイルスなど)もあり、症状だけではおたふくかぜとの判別が難しい病気もあります。何度も耳下腺部が腫れる反復性耳下腺炎という病気もあります。また、おたふくかぜにかかったことがないと思われている場合でも、不顕性感染のため症状がでなかっただけで、実際は感染した経験のある方も少なくありません。おたふくかぜにかかったことがあるかどうかは、血液検査をし、ムンプス抗体を測定することで確認できます。耳下腺部の腫れ、発熱など、おたふくかぜが強く疑われる症状がある場合、ムンプス抗体検査は保険適用となります。しかしそれ以外の場合(とくに症状がなく、おたふくかぜにかかったことがあるかどうかの確認だけをする場合など)には、保険適用外となりますので、診察時にご相談ください。




ムンプスウイルスの感染期間(人からうつる、または人にうつす期間)は、耳下腺部の腫れがあらわれる前後5日間と考えられています。耳下腺部の腫れる前、または不顕性感染で症状がでていない人では、ムンプスウイルスに感染しているかどうかがわからず、その間に他人にうつしてしまう場合があります。とくに集団の場では、一人が感染していると、症状がでる前に大勢に感染していることも多いため、自己予防は難しいといえます。ただし、予防接種(おたふくかぜワクチンの接種)をすることでからだの中に抗体をつくり、おたふくかぜにかからないようにすることは可能です。おたふくかぜワクチンによる予防効果は約90%と考えられています。また感染することがあっても、比較的軽症となる場合が多いです。


コメント(0)
トラックバック(0)

勉強中〜12
2009/08/28 18:44:21 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 勉強中〜
uppic 夕方に自然教室の打ち合わせ。

そこに今年各学校に貸し出されているDVDがあったので借りてきた。

かりゆしに向かう準備をしながら見たけど、経験者はわかる内容かなー。

現場を知らないとイメージわかないはず。

またいくつか補足説明が必要だはずー。


何度か見て、コトラ補足説明を添付してあげようっと。

さて、かりゆし楽しんでくるねー(^o^)

コメント(0)
トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]