ブログリンク|かんたん操作!かんたんデザイン!もちろん無料!沖縄から全国へ発信|ネットリンク株式会社  [PR] こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
タイトルなし
2018/08/11 11:38:13 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
その年も二月になり寒さも一段と厳しくなっていた。湯沢陽一は土壌調査も広範囲になっていたが、かなりこなしていた。湯沢陽一はかなりの技術力と分析力をもっていた。湯沢陽一は時々、赤川ー子とは結婚は出来ないにしてもあの豊満な円熟味のある肉体にはかなり参っていた。那覇に転勤になったら赤川一子と頻繁に会えたらいいと思っていた。週末、小川伸介と会っていた。ビールを飲みながら湯沢陽一が聞いた。小川、なぜあの事件についてそんなに気になるのか。君を脅すような電話は一度もなかったと思う。また、あの五反田奈理子の実家を何故たずねたかったのか少し聞いてみたいと言った。小川伸介は済まなかった。実は、あの五反田奈理子とは事件があった時より三か月前に名護の道の駅で会っていたのだと意外な事を口にした。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)