ブログリンク|かんたん操作!かんたんデザイン!もちろん無料!沖縄から全国へ発信|ネットリンク株式会社  [PR] こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
タイトルなし
2018/05/12 11:56:44 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
湯沢陽一は記事を読みながらこの事件は意外と早く解決すると見た。警察の初動捜査が早く、被害者の周辺を洗えば手がかりは掴めるとみた。警察は五反田家に恨みをかうようなトラブルは無かったかと聞いた。五反田奈理子は長女で、父親の五反田肇は遠洋マグロ漁船の乗り組み員で漁船は鹿児島漁協に属している。父親は七月に久しぶりに沖縄に帰って来ていた。父親は長女の奈理子が、学業やスボーツでいつもトップクラスだったので奈理子を大変可愛がり生き甲斐にしていただけに、突然行方がわからなくなり、憔悴仕切って泣いてばかりいた。父親の五反田肇は事件の前日は、同じ乗り組み員で沖縄に帰って来ていた友高定男の家で中学時代の友人ら四人と酒を飲みながら楽しんでいた。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

▼このメッセージへのトラックバック一覧

トラックバックはありません。

▼画像認証
下記に表示されている数字を半角で入力して「トラックバックURLを表示」を押して下さい。