ブログリンク|かんたん操作!かんたんデザイン!もちろん無料!沖縄から全国へ発信|ネットリンク株式会社  [PR] こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
タイトルなし
2018/04/09 15:59:33 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
都の日暮れ 649

倉田洋平は那覇の首里のホテル日航グランドキャッスルにいた。宮沢智恵子達が三日後には東京に行く予定になっていた。既に、兄の洋八からの二千万円の小切手と洋平からの最後の餞別の一千万円は用意されていた。洋平は今になっては自殺しないで良かったと思っていた。自殺していたら母親を大変悲しませた事だろう。それから兄の洋八独りだけになっていた上に大変な病気を乗り切れ来たかも難しかつたであろう。再度、自殺をしないで良かったと思っていた。それも、母親が洋平の命を繋ぎ、また兄の洋八が緊急入院して命を繋ぎおいたのだと今更ながら思っていた。洋平は近く野中を呼び出して約総資産三十億に成るだろうと思われる資金をどのように動かせばいいか話し合ってみようと思っていた。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)