ブログリンク|かんたん操作!かんたんデザイン!もちろん無料!沖縄から全国へ発信|ネットリンク株式会社  [PR] こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
タイトルなし
2018/01/07 11:11:23 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
都の日暮れ 602

倉田洋平は宮沢奈津子に友坂理恵から聞いた、兄の洋八が自分の知っている女性の大半とかなり濃密な関係だった事を聞き、衝撃を受けていると言った。また兄の洋八があなたの姉の宮沢智恵子さんにぞっこん惚れ結婚を申込んだ事も聞き、これまた大きな衝撃を受けているとも言った。奈津子は、友坂さんから全て聞かれたのですね。姉の智恵子が洋平さんにすまない事をし、多額の金額を騙しとった事の罪の意識に耐え兼ねてノイローゼになり自殺したいと妹の私にうちあけました。自殺だけは絶対にさせたくないと思いました。これ以上洋平さんの力を借りる事もままならず洋八さんや友坂さん達に協力を頼んだのです。一命をとりとめ洋平さんに釧路赤十字病院で付き添いを頼んでしまいました。そうする事で洋平さんの優しさに触れさせようにしたのですが姉の智恵子は罪の意識が強く、申し訳ないとばかり言っておりますと奈津子は言った。つづく


コメント(0)
トラックバック(0)