ブログリンク|かんたん操作!かんたんデザイン!もちろん無料!沖縄から全国へ発信|ネットリンク株式会社  [PR] こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
タイトルなし
2017/12/03 15:07:26 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
都の日暮れ 576

倉田洋平は家族待ち合い室に行き皆に御心配かけていますと挨拶した。野中だけが残り皆は帰って行った。野中が心配だな洋平と言った。洋平は早く緊急医療の医師から兄の洋八の病状を知りたかった。洋平は野中にそれにしても花林育子が此処に来てくれたとはびっくりしたよ、野中と言った。野中は、社長の倉田英二が女性もいた方がいいたろうと思い知らせたのだろう。洋八さんと花林育子はかなり前からの知り合いだったようだ。また意外だったのは洋平のまわりの女性達とも洋八さんはかなり親しくしていたようだ。びっくりしたよと言った。また野中は、洋八さんが洋平よりどう見ても魅力的だ。優しい。洋平は金使いが荒い、洋八さんはかなり慎重だ。まあ、洋八さんが触れてないのはあの宮沢智恵子だけだろうと言った。洋平はこの話しを聞いて本当にびっくりしていた。つづく


コメント(0)
トラックバック(0)