ブログリンク|かんたん操作!かんたんデザイン!もちろん無料!沖縄から全国へ発信|ネットリンク株式会社  [PR] こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
タイトルなし
2017/11/12 10:16:30 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
都の日暮れ 570
暫くして久しぶりに宮沢奈津子から連絡があった。倉田洋平さん、私、姉の強い希望で姉のいる札幌に行き、姉と一緒に住むことにしました。私も姉と同じような観光旅館の仲居の仕事に就くつもりです。倉田洋平さんには長い間、本当にありがとうございました。倉田洋平さんも新しい人生を歩まれて下さいと言った。洋平はびっくりしていたが次第にその方が良いかも知れませんねと言った。宮沢奈津子はそして札幌に向かったようであった。また洋平に沼田安子からも連絡があり、倉田さんと野中さんに釧路の尻羽岬にママさんらが行ったことを話した為に翌日、小料理店のあかぎをすぐに辞めてくれと言われ、今は那覇の松山のクラブ遥で働いているとのことだった。洋平は近く赤木佳子に会ってみようと思っていた。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)