ブログリンク|かんたん操作!かんたんデザイン!もちろん無料!沖縄から全国へ発信|ネットリンク株式会社  [PR] こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
タイトルなし
2017/10/12 16:02:14 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
都の日暮れ 557
倉田洋平と沼田安子は札幌駅で降り、駅前で宮沢奈津子に連絡した。奈津子は札幌駅近くの北山円山楼と云う中華楼にいるとの事だった。三人の予約をしていると言った。洋平達はタクシーで中華料理店に行った。奈津子は本当に御心配かけてすみませんでしたと言った。何でも無くて良かったですね。私から祝い金ですと言い、百万円ずつ渡した。これで宮沢奈津子や沼田安子とも会うのは最後になりそうだった。短いようでもあり長いようでもあった。洋平は此れから東京に行き、京都に寄って帰る積もりだった。沼田安子は宮沢奈津子と一緒に沖縄に帰るように言った。奈津子は、姉の智恵子はどうしても倉田洋平さんには会えないと言ったそうである。洋平は近く母親の遺産相続があります。かなりの額になると思います。それがすんだら宮沢智恵子さんの美容整形手術費用を渡しますのでぜひとも受けるようにして下さいと言った。そして、奈津子が中華料理を存分に召し上がって下さいと言った。久しぶりに洋平は沖縄に帰ってきた。沖縄は暖かかった。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)