ブログリンク|かんたん操作!かんたんデザイン!もちろん無料!沖縄から全国へ発信|ネットリンク株式会社  [PR] こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
タイトルなし
2017/04/15 18:41:23 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
都の日暮れ 369
暫くして倉田洋平に今度は友坂理恵から友達も一緒に会いたいとの携帯電話があった。倉田総合産業では六月の株主総会を控えて各部署で忙しそうにしていた。しかし洋平は常務ではあったが体調が優れないという理由で株主総会の準備からは外れていた。株主総会辺りに洋平は野中が調べてくれた山梨県の山岳同友会と猟銃友の会を訪ね、場合によってはどちらかのアドバイスによっては講習を受けてくる積もりであった。一方、宮沢奈津子は姉の智恵子に母親の健康状態を知らせていた。智恵子は、そう、母さん、心臓まで悪いのと溜め息をついていた。智恵子は早めに一度、沖縄に帰るからと言った。暫くして倉田洋平は新都心の中華楼で友坂理恵とその友人に会った。友坂理恵も相変わらず胸の美容整形によって、はち切れんばかりの豊かな胸が目立っていた。飲み物を飲みながらこちらは一度フランス料理の店で会ったと思いますが長沼安子さんですと言った。洋平は確かに一度は会っていると思っていた。長沼安子さん、私が勤めている日本富士航空会社の経理部に勤務していますと言
った。洋平が久しぶりですと云うと明るく笑った。長身でスタイルがよく胸もふくよかだった。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)