ブログリンク|かんたん操作!かんたんデザイン!もちろん無料!沖縄から全国へ発信|ネットリンク株式会社  [PR] こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
タイトルなし
2017/02/15 13:58:13 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
都の日暮れ234翌日野中から連絡があり、渡里山部長が折れ不動産の売却を始めるとの事ですと言った。洋平はやれやれと思った。洋平は永田人事部長を呼び、早くも専務と経営面で合わない面が出てきているようだが永田部長しかまとめられない。穏やかにお願いしますと伝え、洋平は永田人事部長に二十万円をそっと渡した。その辺りは洋平は実にうまい。暫くは大丈夫だろうと思った。一方、智恵子から連絡があり一千万円の振り込み有り難うございましたと言った。母親の介護施設費用まで倉田さんに出させて貰う訳にはいきません。介護施設はこちらで考えさせて頂きますのでと言った。洋平はいろいろ事情があるのだろうと思った。暫くして野中から連絡があり、専務の倉田英二から秘書を付けてくれとの要望があると言った。野中、あの花林育子を専務秘書にすればいい。永田部長に伝え、皆にわかるように伝達したらいいよ野中と言った。洋平は内心、専務は東京風を吹かせ始めたなと苦笑いした。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)