ブログリンク|かんたん操作!かんたんデザイン!もちろん無料!沖縄から全国へ発信|ネットリンク株式会社  [PR] こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
タイトルなし
2017/02/14 12:20:27 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
都の日暮れ 229
野中はその日、洋平をたずね、専務に就任した倉田英二が会社の経営方針と洋平個人の資産状況を聞いていたと言った。洋平は気にするな。専務の言う事には従おうと気にはしていなかった。週末になった。十一月ともなると何となく街も活気づいてくる。洋平は智恵子と那覇のホテルダイヤモンドで食事をしていた。智恵子はこれから結納までに洋平からいくら引き出せるかにかけていた。銀行員だけにその辺りは抜け目がなかった。一方、奈津子達は倉田総合産業の花林育子を誘い新都心の和食の店で会っていた。奈津子は倉田洋平に対立する為の戦略を練っている。また一緒に来ている緑川さわ子は洋平が胸の整形手術費用を出してくれ、自分の肉体に自信をもっていた為にいかにして洋平から金を出させセレブに成っていくかを考えていた。花林育子が今度うちの会社の専務に前の社長の長男の倉田英二と言う人が就任されたの。倉田洋平さんより先輩で東京の大手の電機メーカーの部長をしていたらしくかなりやり手のようよ。それから洋平さんより洗練されているわと言った。奈津子も
緑川さわ子も初めて聞く話しだった。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)