ブログリンク|かんたん操作!かんたんデザイン!もちろん無料!沖縄から全国へ発信|ネットリンク株式会社  [PR] こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
タイトルなし
2017/02/13 11:17:44 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
都の日暮れ227暫くして宮沢奈津子は倉田総合産業に勤める花林育子に電話をした。倉田洋平さんについて話しがしたいので緑川さわ子さんも一緒にお暇の時に会いたいと言った。もちろん花林育子は喜んで受け入れた。奈津子は倉田総合産業について、会社の情報と会社の全資産額を聞きたかったのであった。一方、智恵子は花村哲夫と那覇の郊外のステーキ店で会っていた。智恵子は、花村哲夫に学費のめどはついたので早めに京都辺りの医学部専門予備校に移るように提案した。花村哲夫は喜んでその提案を受け入れると言った。そして年内に沖縄を離れると言った。滋賀県の琵琶湖医科大はかなり難しくなっており、東京にある帝京大学医学部を第一希望校にしたいと言った。学費は六年間で約四千万円はかかるだろうと言った。医師になったら全額を返済する事を入学時に書面にして約束すると言った。花村哲夫も最近では以前より真剣さが感じられるようになっていた。洋平を中心としてその時期はそれぞれが意外な事を考えていた事になる。 つづく


コメント(0)
トラックバック(0)