ブログリンク|かんたん操作!かんたんデザイン!もちろん無料!沖縄から全国へ発信|ネットリンク株式会社  [PR] こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
タイトルなし
2017/02/04 16:21:50 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
星降る街3私、長橋昭夫が医者になれたのもその父の弟によるところが大きい。所謂、叔父さんである。私の父方の家系は酒好きでまたタバコ好きときている。女性問題はそうなかった。母親の実家は読谷村で母方の祖父は大きな酪農家であった。ただ私の記憶にあるのは母の祖母が大変優しい方だった。そしてその祖母は私達兄弟に自分の事は絶対に忘れないでねと云い、いくらかのおこずかいをあげた。その度に祖母は泣いていた。私の高校時代では秀才がたくさんいた。医者、弁護士、政治家、裁判官など活躍しているのが多い。その中に広末和一と云う友人がいる。九州の国立大学の医学部に進み現在大学にいる。広末にはいろいろ世話に成った気がする。恥ずかしいながら私は涙もろい人間で決して強くはない。マスコミに勤め記者に成ったが他社に抜かれてばかりいた。その時は泣いてばかりいたが、結局、広末に励まされていた。私も父の家系通り酒好きである。まだ結婚出来ないのもどうもそのへんにありそうだ。私はこれからマスコミ時代と医学部時代と現在とをごっちゃに
書く事を許して貰いたい。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)