ブログリンク|かんたん操作!かんたんデザイン!もちろん無料!沖縄から全国へ発信|ネットリンク株式会社  [PR] こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
タイトルなし
2017/02/02 17:33:34 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
都の日暮れ214倉田洋平の周辺で最近美貌過ぎる宮沢智恵子はじめ美人の上に胸がはち切れそうな女性ばかりが際立って集まっていた。金の力だろうといえばそれまでだが不思議であった。ただこの倉田洋平は結婚を控えていた。まだ確定した女性はいなかったが宮沢智恵子はその一番手であっただろう。しかし倉田洋平の全く知らないところでとてつもないことが考えられていたのも事実だった。こうしてその年の十月を向かえていた。宮沢智恵子はもう一度だけ奈津子と最終確認して倉田洋平に結婚の承諾を受け入れると伝える積もりでいた。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)