ブログリンク|かんたん操作!かんたんデザイン!もちろん無料!沖縄から全国へ発信|ネットリンク株式会社  [PR] こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
タイトルなし
2017/01/29 11:43:12 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
都の日暮れ206倉田洋平は満足だった。と云うより幸せだった。それだけ宮沢智恵子に寄せる思いは強かったのである。一方、宮沢智恵子はこれで自分の計画している事の第一段階は成功したと思った。しかし妹の奈津子にいつの時点で自分の此れからの事を話せば良いかを思案していた。特に奈津子の協力と母親の今後の生活であった。しかし智恵子は奈津子に相当の額を与えることで乗り切れそうでもあった。それをこれから慎重に考えていこうと思った。つづく


コメント(0)
トラックバック(0)