ブログリンク|かんたん操作!かんたんデザイン!もちろん無料!沖縄から全国へ発信|ネットリンク株式会社  [PR] こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
タイトルなし
2019/02/02 13:07:27 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
少年 3

これからもその犬は何時も足を引きずっているだろう。何時も足が不自由なままだろう。小さな少年は興奮した。 そいつが僕の買いたい子犬だよ。店主が言った。 いや、君はその小さな犬を買いたいとは思っていないだろう。もし本当に欲しいなら、君にあげるよ。 その小さな少年はかっとなった。 つづく


コメント(0)
トラックバック(0)