ブログリンク|かんたん操作!かんたんデザイン!もちろん無料!沖縄から全国へ発信|ネットリンク株式会社  [PR] こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
タイトルなし
2017/09/16 19:35:29 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
都の日暮れ 523
兄の洋八が帰国して間も無く倉田総合産業に来た。各部署を廻って挨拶をしてきたと洋平に言った。洋平は野中を呼び専務を訪ねた。洋八は英二さん久しぶりですねと親しく言った。英二も洋八久しぶりだな、元気だったかと言った。二人は暫く懐かしそうに話しをしていた。英二が近い内にいい店に連れて行くよ。貫禄がついたな洋八と言った。此処までで洋平と野中はいいと思った。三人は那覇日航グランドホテルに行った。野中が大体の会社の人事体制を話した。洋八はうなずいて聞いていた。ただ野中にだけは小野寺社長が退き洋八に是非とも社長になって欲しいとの話しがあったがその場では何も言わなかった。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

タイトルなし
2017/09/16 10:42:16 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
都の日暮れ 522
倉田洋平は専務、花林育子も宮沢智恵子の見舞いに来ていたそうですが何か心当りはありませんか?ときいた。そんな事、直接本人に聞いてくれよと言った。洋平は部屋を出た。宮沢奈津子から連絡があり、奈津子も友坂理恵も花林育子も空港に倉田洋八を迎えに行くと言った。いよいよ兄の洋八の帰国の日がやってきた。洋平は落ち着かなかった。定刻通り洋八は空港に元気な姿を見せた。洋平は兄と握手した。兄の洋八は大分太っていた。洋平は迎えにきた宮沢奈津子はじめ女性達を紹介した。洋平は皆に近く歓迎会をしますので必ず来て下さいと言った。洋八は宮沢奈津子を何故か懐かしそうに見ていた。洋平と洋八は母親が待っている実家に行った。母親は洋八元気だったねーと涙声で言い大変喜んでいた。洋八は暫くは実家で生活する事になる。とにかく一段落ついた。母親は相変わらず京都、東京でのお茶会やお花の定例会や日本舞踊の招待等でとても毎日が忙しいと言った。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

タイトルなし
2017/09/16 09:36:40 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
都の日暮れ 521
倉田洋平は兄の洋八が帰国してからでなくては動きが取れなかった。倉田洋平はまた専務の倉田英二のところに行った。専務、北海道に行かれたそうで、また北大病院の宮沢智恵子の見舞いもなさったそうですが何か特別な意味でもあったのですか?と聞いた。いや、特別な意味はないが君達がかなりの間付き添っていた宮沢智恵子はどんな女性かなと思ってなあ。なかなかいい女性じゃないか。洋平君、結婚出来なくて残念だったね。宮沢奈津子がある時、私を誘い、姉の智恵子の事を私にしていたよ。洋平君、今でも未練がましく何かと資金を宮沢智恵子の為に出しているそうじゃないかと言った。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)