ブログリンク|かんたん操作!かんたんデザイン!もちろん無料!沖縄から全国へ発信|ネットリンク株式会社  [PR] こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
タイトルなし
2017/02/16 14:21:47 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
都の日暮れ241その日、有ることが起こった。智恵子は花村哲夫に百万円を渡し地下駐車場所に向かった。その日倉田洋平も同業者の定例会の為に新都心の中華楼に向かっていた。洋平の乗用車が中華楼の入口から駐車場に向かったその時、智恵子の乗用車とゆっくりスレ違った。洋平はびっくりした。智恵子の乗用車だった。助手席には若いハンサムな若者を乗せていた。しかも智恵子の片方の手が若者の肩に置かれていた。それからゆっくり智恵子の乗用車は走り去って行った。宮沢智恵子に自分の他に男性がいると洋平は初めてしっかりと確認していた。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

タイトルなし
2017/02/16 13:49:45 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
都の日暮れ240野中は洋平が専務に逆らわないのは専務が東京工業大学出でしかも国内大手の電機メーカーに勤めていたからだろうかと何故か思った。野中はこれから専務は次々に倉田総合産業の経営を変えていくに違いない。やはり倉田英二がトップに踊り出るのであろうかとふと思った。暫くして宮沢智恵子は花村哲夫と新都心の中華楼で会っていた。智恵子としては早目に関西に行き医学部目指して頑張って欲しかったのであった。今日百万渡すので京都の予備校で頑張ってきて欲しいの。今年は無理でも来年は医学部に合格してねと云い、智恵子は花村哲夫の手を握りしめていた。私はこの人の為に大金を洋平から引き出しそして逃避行が待っている。私はこの人達に助けられ生きている。あの時絶望から生還させてくれたお礼はどうしてもしなければならないのだと思っていた。しかし医学部への道は遠かった。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

タイトルなし
2017/02/16 13:20:23 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
都の日暮れ239暫くして渡里山部長が洋平を訪ねた。東京の不動産二件を売却したが約一千五百万円ほど売却損が出た。常務申し訳ないと言った。渡里山部長、気にしなくてもいいですよ。私から経理に一千五百万円入金しておきます。御心配なくと洋平は言った。大変申し訳ありませんと渡里山部長は言った。暫くして緑川さわ子が倉田洋平さんそろそろ久高島にでもいきませんかと連絡があった。月末にでも行きましょうと言った。洋平は緑川さわ子の胸の大きさを想像していた。野中から連絡があり専務が次の株主総会で増資するように強く言われていると言った。野中、専務は自分の持株を増やしたいだけだろう。専務の希望を取り入れてくれと言った。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)