ブログリンク|かんたん操作!かんたんデザイン!もちろん無料!沖縄から全国へ発信|ネットリンク株式会社  [PR] こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
タイトルなし
2017/02/15 18:43:00 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
都の日暮れ237倉田英二は美女揃いの会に些か驚いていた。専務の英二が花林育子さんの話しでは皆さん、内の社の倉田洋平常務の知り合いとかで、洋平さんがこんな美人の方々と知り合いとはびっくりしています。私とも今後宜しくお願いしますと言った。豪華な中華料理が次々と出てきていた。やはり倉田英二にしても宮沢智恵子の美貌と肉体美に惹き付けられていた。また友坂理恵のはち切れそうな胸に落ちつかない様子だった。ビールを英二はよく飲んだ。緑川さわ子は胸の半分を覗かせながら、倉田専務さん私をいつでも誘って下さいねと笑って言った。常務の洋平さんはもう少し大胆にスーパー経営をしていると思っていたのですが少しがっかりしています。皆さんからももっとはっぱをかけて下さいと英二はつい言った。友坂理恵が倉田洋平さん、すごい資産があるみたいですね。私達にもかなり振る舞ってくれていますと言って笑った。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

タイトルなし
2017/02/15 17:20:09 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
都の日暮れ236宮沢智恵子達は週末に那覇新都心の中華楼で倉田英二専務の就任祝いをした。倉田英二は洋平とは些か違い、長身でわりあいハンサムであった。洋平は西田敏行タイプだからかなり違うイメージをもったに違いない。また洋平は即断即決だが倉田英二はかなり慎重派であった。しかし、英二も優しい男性であった。また無口なところも洋平とは違っていた。つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

タイトルなし
2017/02/15 14:53:59 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
都の日暮れ235暫くして宮沢智恵子は奈津子から初めて聞いた倉田総合産業に新しく就任した倉田英二という専務を奈津子や友坂理恵と緑川さわ子で歓迎会の名目で誘ってみた。花林育子に話したら倉田英二は喜んで受け入れたと言った。倉田英二もその後、これらの美女達に翻弄されていくのであった。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

タイトルなし
2017/02/15 14:42:22 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
星の降る街8私は今でもよく思い出すのは浜辺で唄ったあの歌である。この歌は私がまだ高校時代の頃、友人の紀村正人から教えて貰った 少女 という歌で里山加寿子もかなり好きな歌で二人でよく歌っていた。歌詞はといえば
黙って側に
いるだけで
花の匂いの
する人よ
前髪風にふさふさと
君 何 憶う

落葉松の

林の径に

木もれ陽淡く
と言うのだが、あの少女はまさしく里山加寿子だったような気がする。ただ浜辺に座り海を見て、何も話さず歌を唄った。今なら何とか美味しいものを食べさせてあげたのにと思わずにはいられない。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

タイトルなし
2017/02/15 13:58:13 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
都の日暮れ234翌日野中から連絡があり、渡里山部長が折れ不動産の売却を始めるとの事ですと言った。洋平はやれやれと思った。洋平は永田人事部長を呼び、早くも専務と経営面で合わない面が出てきているようだが永田部長しかまとめられない。穏やかにお願いしますと伝え、洋平は永田人事部長に二十万円をそっと渡した。その辺りは洋平は実にうまい。暫くは大丈夫だろうと思った。一方、智恵子から連絡があり一千万円の振り込み有り難うございましたと言った。母親の介護施設費用まで倉田さんに出させて貰う訳にはいきません。介護施設はこちらで考えさせて頂きますのでと言った。洋平はいろいろ事情があるのだろうと思った。暫くして野中から連絡があり、専務の倉田英二から秘書を付けてくれとの要望があると言った。野中、あの花林育子を専務秘書にすればいい。永田部長に伝え、皆にわかるように伝達したらいいよ野中と言った。洋平は内心、専務は東京風を吹かせ始めたなと苦笑いした。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)


[ 次の 1 件を表示 ]