ブログリンク|かんたん操作!かんたんデザイン!もちろん無料!沖縄から全国へ発信|ネットリンク株式会社  [PR] こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
タイトルなし
2017/02/11 16:06:28 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
都の日暮れ 225 倉田洋平は先にホテルに着いていた。落ちつかれずどうしようもなかった。暫くして宮沢智恵子と奈津子の姉妹がやって来た。智恵子はピンクのスーツ、奈津子はグリーンのスーツを着ていた。待たせてすみませんと智恵子が言った。コーヒーとケーキを注文した。智恵子は改まって言った。先日の倉田洋平さんとの縁談を私、宮沢智恵子は喜んでお受け致します。これから末永くよろしくお願いいたしますと言った。洋平は有り難いことです。いい家庭を作っていけたらと思っていますと言って、何故か涙ぐんでいた。洋平は最高に幸せだった。側に座っていた奈津子はその時、倉田洋平が可哀想でたまらなかったと後日言っている。智恵子は来年の春頃に結納をかわし、夏までに結婚式を挙げたいと思っていますが倉田洋平さんの方で全て決めていただきたいと思っていますと言った。また智恵子は、結納までなるべく多く会う時間を持ちたいと思っていますと言った。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

タイトルなし
2017/02/11 14:37:54 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
都の日暮れ224暫くして倉田洋平と永田人事部長に野中総務部長は前の社長、倉田友太郎と那覇にあるダイヤモンドタワーホテルで会っていた。急に倉田友太郎前社長から話しがしたいと申し入れがあったからである。前社長は近く長男の倉田英二が東京の大手電気メーカーの営業部長を辞めて沖縄に帰って来る。それで倉田総合産業の空席になっている専務に迎えて欲しいと言う事だった。また倉田英二はその際に五千万円を出資させるのでよろしくと言って話しは終わった。洋平はこれは永田人事部長に一任しよう。野中も賛成してくれと言った。洋平にとっては専務の件より宮沢智恵子の方が大事のようであった。週末になった。洋平は真新しい紺の背広を着てハーバービューホテルに向かった。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

タイトルなし
2017/02/11 14:11:14 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
笑った川柳、サラ川を

金融機関かと

聞く

社長


コメント(0)
トラックバック(0)

タイトルなし
2017/02/11 14:05:42 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
笑った川柳、目の前を

回って

過ぎる

寿司と運


コメント(0)
トラックバック(0)

タイトルなし
2017/02/11 11:43:15 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
都の日暮れ223宮沢智恵子は結納金を約一億円以上と見積っていた。また智恵子は結納までの間に倉田洋平に出来るだけ接近して体を投げ捨てても、此れからの智恵子の生活費に当てる分を確保しておきたかった。一方、宮沢奈津子も姉の智恵子が縁談をネタに多額の資金を倉田洋平から出させる計画を知り、奈津子は日頃から洋平に対する金の力で何でも出来ると言う哲学にはついていけない思いをもっていた。それだけに奈津子は倉田総合産業自体にも好感がもてなかった。言うなれば奈津子は倉田の社内の重要人物と組んで洋平に何らかの対抗をするのもまたいいのではないかと思っていた。姉妹がいつの間に角度を変えて倉田洋平にある意味、挑みかかろうとしょうとしていたのであった。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)