ブログリンク|かんたん操作!かんたんデザイン!もちろん無料!沖縄から全国へ発信|ネットリンク株式会社  [PR] こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
タイトルなし
2017/02/02 18:36:59 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
星の降る街第一回私、長橋昭夫は、沖縄県の出身で、マスコミに勤めた後、山陰地方にある私立の医科大を卒業した。現在は滋賀県の総合病院の内科医として勤務している。まだ結婚はしておらず独身であった。もうすぐ五十になろうとしている。医者になっても私のマスコミ時代のあの少女失踪事件がいつも思い出されてくる。実に、謎の多い事件で今でも未解決事件であった。
つづく
星の降る街 第一回


コメント(0)
トラックバック(0)

タイトルなし
2017/02/02 18:12:27 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
この二月から新しく 星の降る街 と題してブログにブログ小説を投稿致します。拙いものですが、徒然にお読み頂ければ幸いに思います。どうぞよろしくお願いいたします。


コメント(0)
トラックバック(0)

タイトルなし
2017/02/02 17:33:34 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
都の日暮れ214倉田洋平の周辺で最近美貌過ぎる宮沢智恵子はじめ美人の上に胸がはち切れそうな女性ばかりが際立って集まっていた。金の力だろうといえばそれまでだが不思議であった。ただこの倉田洋平は結婚を控えていた。まだ確定した女性はいなかったが宮沢智恵子はその一番手であっただろう。しかし倉田洋平の全く知らないところでとてつもないことが考えられていたのも事実だった。こうしてその年の十月を向かえていた。宮沢智恵子はもう一度だけ奈津子と最終確認して倉田洋平に結婚の承諾を受け入れると伝える積もりでいた。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

タイトルなし
2017/02/02 10:42:44 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
都の日暮れ213洋平は野中に話しをつづけた。宮沢智恵子と奈津子達が倉田の母親と会ってくれた。母親がかなり智恵子に縁談の事を受け入れて欲しいと頼んでいた。やがてその結果を言う事になっている。半々だが何とか良い返事が聞けないかと落ちつかない。あれほどの美貌の女性はまあそうはいない。幸い、受け入れてくれるならばお金は惜しまない。野中も祈ってくれと言った。気が付いた時にはあの胸の大きい静香さんが側に座っていた。倉田さん、触ってみて下さいと迫っていた。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)