ブログリンク|かんたん操作!かんたんデザイン!もちろん無料!沖縄から全国へ発信|ネットリンク株式会社  [PR] こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
タイトルなし
2017/02/01 18:45:12 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
都の日暮れ212倉田洋平は野中と久しぶりに那覇の繁華街の松山の高級クラブの桃の木に行った。何時もの時のように奥まった席でママと綺麗な女性が倉田洋平達をもてなしていた。洋平は野中に入院の話しはするなと言った。久しぶりに野中とは飲んでいた。緑川さわ子と友坂理恵に会うのも楽しみだなと野中と笑った。二人ともあの胸が特に大きい二人だけに楽しみだった。そこにママが新しい子ですと紹介された女性は女優の菊川怜そっくりだった。胸を半分出していたがこれまた大変な大きさだった。ママがこちら倉田洋平さん、大変な資金力のある方で優しい最高の方よと誉めちぎっていた。野中には先程から紀子がついていた。洋平は久しぶりに女性に囲まれ最高に楽しんでいた。この新しい子は静香と云い、二十七、八の妖しい色気のある女性だった。とにかく倉田洋平達はその日、楽しんでいた。野中はやがて役員になる。先日のお見舞い金多すぎだ。何れ返す。俺に気をつかうな野中、良いか、と本気で怒鳴った。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

タイトルなし
2017/02/01 16:35:10 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
都の日暮れ211奈津子はつづけた。姉さんは倉田洋平さんは好きにはなれないようねと言った。智恵子はまあそうね。倉田洋平さんからお金を除いたら魅力は無いわねと云う。コーヒは二杯目になっていた。私は倉田洋平さんを騙すことになるのはよくわかるが、倉田さんから二億か三億取ったとしてもどうと云うことは無いわよ奈津子。また倉田さんには結婚相手はいくらでもいるわと言った。智恵子はそれで奈津子にはお礼金をちやんと決めてもらい私がいなくなっても母さんの面倒を見て貰う為に正直奈津子いくら渡せば協力してくれるの?と聞いた。奈津子はそうね、姉さんを助けるにしても私も同罪だわ、しかしそこまで姉さんが思い詰めているなら〜〜一億円でどう姉さんと言った。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)