ブログリンク|かんたん操作!かんたんデザイン!もちろん無料!沖縄から全国へ発信|ネットリンク株式会社  [PR] こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
霧の月355
2016/05/29 12:05:31 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
私の推測はまず間違いなさそうだった。ただ西沢渓谷辺りで浅田聡子が用をたしたいと駆け込んだ辺りにあの大金が遺棄されていたことだけは不思議だった。松本駅で浅田聡子が渡された地図上に何らかのの目印が成されていたのかは疑問だった。あの登山者はすでに何らかの事情で追い込まれ自殺を決意していたので有ろうか。何故あのような大金を西沢渓谷辺りに遺棄したのかが私にはわからないままだった。浅田聡子は私を誘い大金を運んだ。数年間にかなりの額にした。そして若い心臓外科医師とスエーデンに行ってしまった。浅田聡子は友人らに私を紹介しかなりの資産があると私に目を向けさせた。特に澄田川律子は執拗に金を無心している。私があの日、胆石にならず青海総合医療センターに運ばれなければこの遺棄事件に関わらずに済んだはずだ。人間はちょっとした弾みに思わぬ黒い霧の中に流されていくのである。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

霧の月354
2016/05/28 18:12:28 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
次女の体調不良は暫くすると良くなった。私は先日、澄田川律子から聞いた浅田聡子の話しが頭から離れなかった。浅田聡子は山梨県の西沢渓谷辺りで登山に同行した男の人からすでに大金が遺棄されている事実を知らされていた。そして何度か西沢渓谷周辺を見て回ったに違いない。そして何度か男性をホテルに誘い甘い言葉を掛けながら山梨県の山地に同行するように誘ったにちがいない。しかし男性等は断った。浅田聡子はじっと待った。そこに急患として私瀬川が入院した。私の事を調べた。そして私の東京出張を知り私を西沢渓谷辺りに連れまわした。 つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

霧の月353
2016/05/28 14:44:38 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
瀬川さん、下の子が先程から吐いたり下したりしています。微熱が有りますといって切れた。澄田川さん節子さんの娘の体調が悪いとの連絡でした。今日の続きは近い内にしましょう。今日のあなたの話しはかなり参考になりました。山梨県ですねと言った。澄田川さん、お金の事は少ししか出来ないと思います。また私、瀬川とも来年の春頃までしか会えないかも知れません。私も節子さんの娘達をこれからどうすればよいか、澄田川さんにも相談するかも知れません。それでは今日はこれでと云うと澄田川さんは大変不満な顔をして私を見送っていた。 つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

霧の月352
2016/05/28 11:30:02 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
その男は浅田さんに山梨県の山地の載った地図を渡し、いつか役にたつかも知れないと言ったそうです。そして初対面の方にこんなに世話になり感謝している。山梨県の山地にある事情で大金を埋蔵してあるとその男の人から聞いたとその時、浅田さんは不思議そうに話していた事を聞いていますと言った。暫くして家事を見て貰っているパートの方から電話が鳴った。 つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

霧の月351
2016/05/22 15:37:00 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
浅田さんはこの男の人と松本の近くのやや高い山に登ったそうです。頂上付近からの山脈を見渡す時のあの素晴らしい気分は言葉では言えないと言っていました。しかし下山の際に思わぬ事が起こったようです。その山の中腹辺りで連れの男に異変が起こりあっという間に数十メートル先に落下した。浅田さんは看護師であった為、適切な応急処置を取り同じ登山者に応援を求めた。男は松本東赤十字病院に運ばれ入院した。幸い翌日から意識が戻った。一般病棟に移されたがその翌日幸い退院出来たそうです。顔と腕と腰を負傷していたが新潟市に帰ることになった。その間浅田さんはずっと付き添ったそうです。松本の駅での事ですがその男の人は浅田さんに思わぬ事を言ったそうです。 つづく


コメント(0)
トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]