ブログリンク|かんたん操作!かんたんデザイン!もちろん無料!沖縄から全国へ発信|ネットリンク株式会社  [PR] こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
あかね雲の彼方に626
2013/08/31 13:48:40 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
師走に入って

街もだんだん

活気に満ちて

いたが私自身の

気持ちは大変

複雑だった。

柴田の叔母さん

が亡くなり気が

抜けたような

空虚な気持ちが

続いていた。

一方五万トンの

小麦を購入して

おり内心穏やか

ではなかった。

次第に寒く

なっていた。

若林さんからの

小麦の価格は

安くなる一方

だった。

一万九千円に

下落していた。

コーンも

一万八千円に

なっていた。

しかし私は

今が辛抱し

どころだと

思っていた。

柴田の叔母さん

の法要には

欠かさず行った

が紀子姉さん

とは余り話しは

しなかった。

北田さんや

竹田さんからも

何の連絡も

なかった。

職場では少し

ずつ人事異動の

話しが聞こえて

きた。また

ボーナスが

増えそうだと

どこからとも

なく聞こえて

きた。寒さが

増していた。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)