ブログリンク|かんたん操作!かんたんデザイン!もちろん無料!沖縄から全国へ発信|ネットリンク株式会社  [PR] こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
あかね雲の彼方に145
2013/02/27 17:08:16 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
今、私は何故
 
二条城ホテルに
 
いるのか不思議で
 
あった。
 
こういう意識は
 
私だけなのだろう
 
かと思った。
 
数ヶ月前に
 
郵便受から書類を
 
取り上げた時から
 
私には目に見え
 
ない義務と責任と
 
幸運が同時に
 
混在し
 
京都に今
 
こうして来ていた
 
のであった。
 
いよいよ明日は
 
公正証書遺言に
 
よる遺産相続でも
 
難しい果樹園と
 
云う不動産の
 
売却に付いて
 
最後の段階が
 
待っているような
 
気がしていた。
 
私はここまで
 
考えて
 
うつらうつら寝て
 
しまっていた。
 
目が覚めた時には
 
外はすっかり暮れ
 
街は闇に包まれて
 
いた。
 
私はもう一度
 
河原町を
 
歩いてみたく
 
なっていた。
 
河原町から
 
八坂神社の方に
 
歩いてみた。
 
昼よりもはるかに
 
賑やかだった。
 
今の私にとっては
 
只歩くだけで有る
 
が気持ちが軽く
 
なっていた。
 
京都は只歩く
 
だけでも本当に
 
楽しい街だと云う
 
ことをその時から
 
身を以て
 
知らされた。
 
すっかり秋の日も
 
暮れ肌寒くなって
 
いた。
 
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

あかね雲の彼方に144
2013/02/27 14:52:36 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
私は今、名古屋で
 
なくて京都を歩い
 
ていた。
 
母さんと洋二も
 
一緒だったら
 
楽しかっただろう
 
その時つくづく
 
思っていた。
 
私の記憶では
 
母さんは
 
九州は行ったで
 
有ろうが
 
京都に行ったとは
 
一度も聞いては
 
いなかった。
 
洋二も修学旅行で
 
しか京都には
 
来ていないのでは
 
なかったかと
 
賀茂川の流れを
 
橋から見ながら
 
思った。
 
母さんも洋二も
 
もう少し
 
長生きして
 
欲しかった。
 
自然と涙が滲んだ
 
。悔しかった。
 
まだ宵には時間が
 
あった。
 
タクシーで
 
平安神宮に行った
 
。砂利道が
 
続いていた。
 
かなりの人がいた
 
。修学旅行の
 
学生達もいた。
 
私はお詣りして
 
御守りを買った。
 
また交通安全の
 
御札も買った。
 
思いつきで
 
京都の街を
 
見て回っていたが
 
結構忙しかった。
 
タクシーで
 
京都大学に行った
 
。時計台を見た。
 
暫く歩いてみた。
 
京都府立医科大学
 
が見えてきた。
 
このあたりは静か
 
で素晴らしい
 
環境を呈していた
 
。学生らしい
 
群れを見ると実に
 
幸せそうであつた
 
。タクシーで
 
二条城ホテルに
 
行った。
 
チェックインを
 
すまし部屋に
 
案内された。
 
静かないい
 
ロケーションに
 
あった。
 
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

あかね雲の彼方に143
2013/02/27 13:10:37 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
暫く京都の街を
 
歩いてみることに
 
した。
 
さすがに古い
 
商店街がつづいて
 
いた。
 
焙煎珈琲店に
 
入った。
 
いい香りがした。
 
モカを注文した。
 
何故かやっと
 
リラックスして
 
きた。
 
無意識にも
 
かなり重圧感が
 
あるのだろうか。
 
何ヶ月前までは
 
無気力で
 
のんびりすぎる
 
ほどの生活に
 
慣れ切っていた。
 
そういう私でも
 
緊張状態になる
 
ものなのだろうか
 
。遺産相続なる
 
もののもつ怖い
 
一面でもあった
 
京都の人は客とは
 
余り話しをしない
 
。京都名産
 
宇治茶と書かれた
 
店に寄った。
 
私はこれからは
 
毎日お線香と
 
お茶を供えるのを
 
日課にしようと
 
思っていたので
 
ある。私はこれ
 
まで何一つやって
 
いなかったからで
 
ある。
 
宇治茶でも
 
上質のものを
 
一キロ買った。
 
土産物になるとも
 
思っていた。
 
一週間後送って
 
欲しいと依頼した
 
。つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

頑張って
2013/02/27 08:58:40 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
 
人、
 
今日ありて今日
 
生き
 
 
また明日ありて
 
明日生きる。
 
頑張って。


コメント(0)
トラックバック(0)

二月に寄せて
2013/02/27 08:57:15 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
 
例年二月は寒さが
 
厳しい。
 
しかし風雪に
 
耐えてこそ
 
人は強くなる。
 
春は近い。
 
皆んな幸せに
 
なって下さい。


コメント(0)
トラックバック(0)