ブログリンク|かんたん操作!かんたんデザイン!もちろん無料!沖縄から全国へ発信|ネットリンク株式会社  [PR] こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
タイトルなし
2017/04/26 18:19:34 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
都の日暮れ 369倉田洋平は長沼安子とホテルで会うのは初めてだった。綺麗に化粧をしていた。白の薄手のブラウスを着ていた。珈琲を飲みながら話した。長沼さんは主に登山の話しをしていた。かなり危ないこともあったが山にとりつかれてしまったと言った。ある程度登山が出来るようになったら二人でなだらかな山に登ってみようと云うことになった。それから倉田洋平は何となく長沼安子に聞いた。何かやってみたいものがあるかと。長沼安子が少しの間躊躇っていたが、倉田洋平さん、私、私の会社の株式を買ってみたいのです。現在二千五百円ですが、暫くその資金を貸して頂けませんかと言った。洋平はいくら必要ですか?と聞いた。二千五百万円貸して下さいと言った。一年で御返しいたしますと言った。洋平は五千万円貸しましょう。かなり事情があるのでしょうと言った。長沼安子はつい涙を見せていた。それから倉田洋平の側に来て手を握った。倉田洋平さん、本当に貸して頂けるならその日はこのホテルの部屋にして下さい。大金ですからと言った。洋平は準備が
できましたら連絡しますと言った。長沼安子はホテルの地下駐車場でいきなり洋平の車に乗り込んできた。そして長沼安子は暗い車内で白いブラウスを脱ぎ洋平に熟れ過ぎた胸を触れさせていた。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

タイトルなし
2017/04/25 16:03:27 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
都の日暮れ 368
倉田洋平は友坂理恵に連絡した。理恵は倉田洋平さん元気?元気を出してよ、女性は宮沢智恵子さんだけではないのだからといった。友坂さんと会えば元気になるかもねと言って笑った。友坂理恵と新都心の中華楼で食事をする事にした。暫くして長沼安子から連絡があり新都心のダイヤモンドホテルで会う事にした。倉田洋平は山梨で登山と猟銃の講習などで暫くは誰とも会わない事にしていた。榊原秋子からも連絡があり、マンションの契約を完了したと言った。マンションに移ったら二、三日泊って下さいと言った。それから緑川さわ子からも連絡があり、新発売の新車購入が出来たと言った。倉田洋平は何となく嬉しかった。倉田洋平はある面、純粋で馬鹿な面を持っているとしか言えないだろう。人間、中にはそんな人がいてもいいのかも知れない。しかし、寂しい男ではあったが、何故か憎めない気もしないではない。新都心のダイヤモンドホテルで長居安子に会った。つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

タイトルなし
2017/04/25 13:16:24 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
宮沢智恵子は三月に倉田洋平との結納の日に沖縄から姿を消した。かねてより身を寄せる所として富山県の宇奈月温泉郷を選んだ。宇奈月観月国際旅館と云う老舗の旅館の仲居として働いた。その間妹の奈津子とだけは連絡を取った。倉田洋平の社内の者が智恵子の所在地を探しているようだった。しかし奈津子が野中に頼み込み断念させていたので一応安心ではあったが、倉田洋平から約一億円余りを結婚話をちらつかせ奪っていたため警察へは届け出たものと思って智恵子なりに用心していた。その上、宿泊客から執拗に誘われたり、一緒に宿泊してくれればと数多くの男性から誘われたが全て断ってきた。また同じ旅館の従業員の男が深夜寝間に入り込むようになりここを辞める事にしたが、ある意味では男達から逃げる格好になっていた。しかしここ白峰温泉に来て安西咲子と同部屋になりやっと静かさを取り戻しつつあった。つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

タイトルなし
2017/04/23 14:01:11 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
先日は榊原秋子に中古マンションの購入費用二千万円を支出した。早くも六月になっていた。洋平にとってはあの結納の日から三月が経とうとしていた。洋平にとっては宮沢智恵子の事を忘れ去ろうとしていたが未だに出来なかった。それだけに洋平にとっては心の傷は大きかったと言える。だから、そういう心理状態から榊原秋子はじめとして、多額の資金を出すのは一種宮沢智恵子に対する憎しみにもつながっていたと思われる。洋平にとってはまだまだ自己資産は十分にのこっていた。この六月から洋平ははじめて登山を始めようと思っていた。また猟銃所持を目指す積もりでいた。宮沢智恵子は六月から石川県東南部の山奥にある、手取川という雄大な景色とともに視界に飛び込んでくる温泉街は素朴さと自然の美しさが魅力の白峰温泉の流れ星の里という温泉宿に仲居として勤める事になった。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

タイトルなし
2017/04/22 16:13:19 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
文中の倉田洋平の母親の友人名の野津は秋津広子の間違いでした。訂正させて下さい。


コメント(0)
トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]