ブログリンク|かんたん操作!かんたんデザイン!もちろん無料!沖縄から全国へ発信|ネットリンク株式会社  [PR] こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
タイトルなし
2019/04/10 16:42:36 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
ジョーク 精神病院で

医者が患者に言った。例えば周囲にだれもいないのに人間の声が聞こえてくるような事はありませんか? すると患者が、あります、あります。医者がよくありますか?と言った。患者が、殆ど毎日ありますと言った。 いつ頃からそうなりました?。患者が、三ヶ月前からです。すると医者が、なにかその頃に思い当たることがありませんか?と聞いた。患者が、はあ、電話を引きました。と言った。


コメント(0)
トラックバック(0)

タイトルなし
2019/04/06 13:27:59 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
室生犀星 2

これは室生犀星が故郷の金沢から東京に帰ってきたときに作った詩である。金沢で彼は拾われて養子になるが、義母は決していいお母さんではなかったようで、不幸せな少年時代を送ったようである。この頃を題材として、やや耽美的な 性に目覚める頃 とか、蒼白き巣窟 というごく初期の作品が書かれている。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

タイトルなし
2019/04/05 12:36:07 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
夢の彼方に 83 訂正文
今度の件は湯沢陽一が相川桃子からお金を返して貰う為に思いついた の部分を

今度の件は小川伸介が相川桃子からお金を返して貰う為に思いついた
に訂正致します。申し訳ありません。


コメント(0)
トラックバック(0)

タイトルなし
2019/03/30 12:40:53 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
湯沢陽一は記事を読み何故富山湾沖で海洋中学の制服が漂流していたのか疑問視していた。暫くして名護の八重桜の里の相川桃子から電話があった。相川桃子の話しでは、先日、小川伸介の自動車事故による入院先に見舞いに行ったという。ところが入院先として知らされていた岐阜市の柳谷病院に行ったが小川伸介が入院はした事実はないということだった。相川桃子はもしかして小川伸介は最悪の状態になったのかも知れないと名古屋の住所を訪ねたがそういう人は住んでいないとの事だった。相川桃子は途方にくれ名古屋中央警察署に行った。そこでもいろいろ調べてもらったのだが小川伸介の岐阜での事故はわからなかった。それで相川桃子は持参していた百万円を小川伸介の口座に振込み沖縄に帰ってきたと言った。湯沢陽一はその話しを聞いてまたしても小川伸介について不思議に思った。今度の件は湯沢陽一が相川桃子からお金を返して貰う為に思いついた擬装工作だと思った。湯沢陽一は直ぐに小川伸介に電話をした。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

タイトルなし
2019/03/27 14:40:11 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
夢の彼方に 82

名護南警察署では氷見の警察署から国頭海洋女子中学生行方不明事件にかんする有力な情報が入った為に緊張が走っていた。すぐに捜査会議が開かれた。富山湾沖で発見された制服の漂流物の学校への確認から始まった。それから沖縄県漁協組合にも捜査協力を求めている。ただ国頭海洋中学校からの回答ではその制服自体は行方不明の女子中学生の制服ではないということであった。しかし、何故、富山湾沖で同校の制服が見つかった事に疑問はあったが捜査本部では大きな前進だととらえていた。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)


[ 前のページを表示 | 次の 5 件を表示 ]