ブログリンク|かんたん操作!かんたんデザイン!もちろん無料!沖縄から全国へ発信|ネットリンク株式会社  [PR] こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
タイトルなし
2017/03/22 22:14:45 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
春に想う 3
私は、老化防止に最大な食べ物は
ゴマ だと思っている。四十代からゴマ を食べつづけていたらもっともっと若く、元気があったのでは。もうひとつ。
免疫力には
ニンニクが一番だと思っているのだが。
私は、春にこんな事を考えていた。


コメント(0)
トラックバック(0)

タイトルなし
2017/03/22 18:31:57 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
都の日暮れ 345
野中は終末に那覇の松山の高級クラブ遥野に久しぶりに洋平を連れ出した。洋平、飲もう、くよくよしても始まらないと言った。ママと榊原秋子と野中と気が合う紀子がいた。皆、洋平に必要以上に気を遣っていた。榊原秋子の目がギラギラしていたのを野中は見ていた。今日は野中がもつと言ってビールにワイン等を出させた。榊原秋子は直ぐに洋平の側に座り、倉田さんいろいろあったそうですが智恵子さん今に帰って来ますよと言って慰めていた。秋子は洋平を慰めるには女体しかないと思っていた。洋平の手を秋子の膝元においた。そして洋平に秋子の胸を覗かせるようにしていた。洋平も久しぶりに女盛りの秋子にふれ、段々と元気を取り戻しつつあった。 つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

タイトルなし
2017/03/22 16:06:16 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
都の日暮れ 344
倉田洋平はなかなか元気が出なかった。無気力だった。このようにして結納の日から廿日余りが過ぎていた。社内でも少しずつ洋平についておかしいと思っていた。そういう状態で六月には株主総会が予定されていた。専務も洋平の態度に変化がみられるようになり小野寺経理部長を呼んで聞いた。小野寺部長が宮沢智恵子の事を話し、洋平の婚約がおかしくなっていると言った。専務も暫くは洋平は仕事に全力が注げないなと推測した。専務が小野寺経理部長に株主総会で増資を大幅にする事を指示した。専務は小野寺経理部長に早目にうちの社の株価を算出する事も頼んでいた。洋平以外の大株主はゆらり食品工業株式会社だと云うことも専務は調べていた。いくらでも自社株を買い求めたいと言った。小野寺経理部長も少し専務を警戒するようになっていた。つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

タイトルなし
2017/03/21 14:43:27 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
春に想う 2

春三、四月は別れの月でもある。卒業式に入学式、その日を境に本当に別れていくものでもある。嬉しさと悲しさが表裏一体ではないだろうか。
しかし、人と生まれたからには、この別れを何度も乗り越え、また乗り越えていかなければならないと想うのは私だけであろうか。


コメント(0)
トラックバック(0)

タイトルなし
2017/03/21 13:47:54 ブログカテゴリ 日記 | 書庫 全般
都の日暮れ 343
宮沢奈津子は姉が洋平に対してやった事に対してそれほどの罪悪感や良心の呵責と云うものをそれほどは感じていなかった。それも洋平が有名なスーパーの御曹子であったからでもあり、経済的にも大したことではないだろうと思っていたからでもあった。また洋平自身が結納を前に奈津子がよく知っている女性達と付き合っていたのもまた知っていたからでもあった。その上、奈津子自身が新たに洋平に近ずいてあと一億円は引き出せると読んでいた。それ故、姉智恵子を守る側にあったのである。倉田洋平らはそのような奈津子の気持ちを全く知る余地はなかった。つづく


コメント(0)
トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]